親子で考えるはじめての就活GUIDE

親子で考えるはじめての就活GUIDE

いまの就職活動は、
以前とかなり変わっていると聞いたのですが…

かつての就職活動のイメージと対比させて
現在の活動の特色をご説明しましょう。

  1. 昭和・平成の就職活動

    令和の就職活動

  2. 一律4年次から
    スタート

    自分の納得のいく
    企業に入るために
    1・2年次から
    活動する人も

  3. 4年次の
    夏前頃がピーク

    自分の納得のいく
    企業に入るために
    1年次に“合格”を
    出す企業も※合格は正式な
    内定ではありません。

  1. 大学のガイダンス
    受講等

    自分の都合のいい時間に、
    知りたい内容を
    ネットを通じて
    情報収集

  2. 試験+複数回の
    直接面接

    優秀な人材を効率よく
    採用するために
    Web面接を
    行う企業も

知りたいポイントを、さらに詳しく解説!

明確な形があり、レールに乗って
活動することができた。

保護者の方々が経験してこられた「昭和・平成の就職活動」の一つの特色は、みんなが並んで一斉にスタートを切っていたという点です。就職協定や経団連指針に基づき、企業の採用活動はほぼ同時にはじめられる形になっていたのです。この横並びの就職活動は、企業も学生もある程度決まった時期に決まった動きをすることが予測できる面がありました。

意識の高い人とそうでない人で
大きな差がつく時代に。

お子さまが経験される「令和の就職活動」は、まず第一に活動の早期化というトレンドが見られます。今では大学1年次、2年次生に向けてインターンシップを開催し、早くから有望な学生と積極的に出会おうとする企業も少なくありません。また、各自の活動がそれぞれのペースで進められるようになったため、大学が開催する従来の就職ガイダンスなどの集合型プログラムに参加するだけでなく、個々の学生がネットなどで情報を収集し、自分自身で就活リテラシーを高めていく積極的な姿勢が求められています。

開閉ボタン

  • 関西学院のオンライン支援
  • 数字で見る関学生の就活