観戦・鑑賞レポート

観戦・鑑賞レポート

初々しい新生チームが満場のファンを前に熱闘!

初々しい新生チームが満場のファンを前に熱闘!

今年で3回目となるウェルカムコンサートは、保護者や周辺地域の方など関西学院に縁の深い皆さまを対象に、大人も子どもも気軽に楽しめる特別プログラムで開催しました。誰もが聞き覚えのある「美女と野獣」や軽快な「ミッキーマウスマーチ」などで大いに沸かせたと思えば、バッハの名曲「主よ人の望みの喜びよ」などの重厚感ある演奏で会場は一気に荘厳な雰囲気に。練習を重ねてきた圧巻のパフォーマンスで観客を魅了しました。

DATA

日時
: 2019年4月28日(日) 15時~
場所
: 関西学院中央講堂

VOICE

部長 : 藤村 亮介さん(国際学部・4年生)

テーマパークみたいに楽しんでほしい。

部長 : 藤村 亮介さん(国際学部・4年生)
当部の65年の伝統に恥じない演奏をすること、楽しく活動している自分たちの明るさを演奏で皆さんに伝えることをめざしています。

大迫力のナマの演奏を、気軽に楽しめるのがうれしい。

下田真美さん、蒼真くん(中学生)

子ども連れで気軽に行けるコンサートというのはなかなか機会がないので、とても楽しみにしていました。やはり吹奏楽のナマの演奏は迫力が違いますね。息子も大学生の皆さんの演奏をたっぷり楽しんでおり、とくに迫力あるジャズ曲が一番印象に残ったようです。私は「美女と野獣」が好きでした。

子ども向けの指揮者体験も楽しくて目が離せませんでした。

三宮健さん、綾さん、聖央さん(小学生)、啓子さん

大学生たちの演奏はみんな仲が良さそうで、聞いている方も楽しくなりますね。途中で子ども向けに指揮者体験のプログラムがありましたが、これもなかなか面白かったです。今日一緒に来ている母は、バッハの「主よ人の望みの喜びよ」が、大学生らしい軽快さがあって楽しかったと話しています。

第58回定期演奏会のお知らせ

ご興味をお持ちの方は、ぜひご来場ください!

ポップスを多く取り入れ、軽快な雰囲気のウェルカムコンサートとは異なり、クラシックを中心とした吹奏楽の醍醐味をより味わえる演奏会です。春からの新入生も含めてこの演奏会に向かって全員で努力していますので、音楽好きの方はぜひ会場に足をお運びください。
日時 :2019年11月27日(水) 19時~
場所: 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

  • 定期演奏会
  • 定期演奏会

伝統の総合関関戦の開幕を告げる一戦!

伝統の総合関関戦の開幕を告げる一戦!

〈アイスホッケー〉
最後まで諦めない果敢なプレーも、惜敗。

試合は序盤から関大に2点を先制される厳しい展開。関学は積極果敢なプレーで巻き返しを図りましたが、関大の猛攻の前に0-3で敗れる結果となりました。残念ながら初勝利は叶いませんでしたが、シーズンは始まったばかり。チームは次の目標に向かって気持ちを新たにしていました。

DATA

日時
: 2019年5月6日(月・祝)
場所
: 尼崎スポーツの森
試合結果
: 0 - 3 (●)

VOICE

主将 : 三小田 伸正さん(教育学部・4年生)

何でも言い合える仲の良さを強みに!

主将 : 三小田 伸正さん(教育学部・4年生)
新チームは団結力が強み。大きな相手にも果敢にぶつかる体を張ったプレーとチームワークで、今年こそ関西制覇とインカレ上位を狙います!

応援団のパワーで観客席まで一体に!大学野球のファンになりました。

松本俊彦さん、瑠以子さん、航太郎さん(小学生)、茉子さん(関西学院初等部・1年生)、小春さん

今日行われたスケート教室で初スケートに挑戦した娘が「教えてくれた関学のお兄さんを応援したい」と言うので観戦しました。アイスホッケーを見るのは初めてですが、想像以上に激しいプレーに驚きました。選手同士がぶつかり合う音も迫力満点。試合もスピード感があって引き込まれました。

スピードスケート

〈スピードスケート〉
スピード感あふれる滑りで勝利を奪取。

スピード競技は男女500m、1000m、1500mと男女リレーの計4種目。4人でショートトラックを周回するレースは、かけひきの連続です。コーナーでインコースをついて一気に抜いたり、ラストスパートで加速してゴールに飛び込んだりと、手に汗握る両大学の競り合いが見られました。

DATA

日時
: 2019年5月6日(月・祝)
場所
: 尼崎スポーツの森
試合結果
: 55 - 45(○)

VOICE

主将 : 塚原 広子さん(社会学部・4年生)

高い目標に挑んでいきます!

主将 : 塚原 広子さん(社会学部・4年生)
これからどこまで力を伸ばせるかは、今後の練習次第。10月のインカレで男女とも「団体3位以内」という目標を掲げて頑張ります。

フィギュアスケート

〈フィギュアスケート〉
華麗なスケーティングで観客を魅了。

午前のオープン競技に続き、午後からは演技の得点を競う選手権。関学は女子3名、男子2名が出場しました。男女とも関学の持ち味である繊細・優雅な振り付けで観客を魅了。華麗なジャンプや美しいスピンが決まるたびに歓声が起こり、試合後は両大学の選手に温かい拍手が送られました。

DATA

日時
: 2019年5月6日(月・祝)
場所
: 尼崎スポーツの森
試合結果
: 女子52 - 48(○)、男子39 - 65(●)

VOICE

主将 : 渡邊 純也さん(商学部・4年生)

弱点克服と強み強化を真剣に!

主将 : 渡邊 純也さん(商学部・4年生)
経験者が初心者を教え、一致団結して練習に励んでいます。各自が強みの強化に努め、男女一緒に関西インカレで団体優勝したいです。

スケート教室同時開催

小学生スケート教室を同時開催

定期戦の前に小学生を対象としたスケート教室が開催されました。1〜6年生およそ110人が参加。最初は恐る恐る氷上に立った子も、関学のスケート部、アイスホッケー部の学生に手を引かれながら優しく教わり、最後は笑顔でリンクを滑っていました。続いて行われたアイスホッケーの試合では、子どもたちがスケートを教えてくれたお兄さんたちに熱い声援を送りました。

  • スケート教室
  • スケート教室

春結成の新チームが秘めた力を披露。

春結成の新チームが秘めた力を披露。

毎年4月に行われる交流戦は、世代交代した新生チームの初陣として、ファイターズファンの注目を集めています。今年のメンバーはどんな顔ぶれか、どんな強さを見せてくれるのかといった期待に胸を膨らませる人々で、ゴールデンウィーク初日のこの日、スタジアムの観客席はギッシリ。そんな中、新生チームは法政大学を42-0という圧倒的な強さで下し、ポテンシャルの高さを見せつけました。今年のファイターズも例年通り、大きな期待が持てそうです。

DATA

日時
: 2019年4月27日(土) 14時45分~
場所
: 神戸市王子スタジアム
試合結果
: 42 - 0 (◯)

VOICE

主将 : 寺岡 芳樹さん(経済学部・4年生)

高度な組織プレーで勝つチームへ!

主将 : 寺岡 芳樹さん(経済学部・4年生)
一人ひとりが「自分が主体」と考え、チームのために動ける組織づくりをめざしています。連携力を強化し、組織力で勝ちにいきます!

関学といえば、アメフト。さすがの強さに、驚きました。

田中直宏さん、由香利さん、陽希さん(小学生)、友翔さん(小学生)

ファイターズの応援に来るのははじめてですが、観戦していると面白いです。今日は関学側の長距離パスが何度も通ってゲームが急展開するのが興奮しました。妻や子どもたちはアメフトのルールを知りませんが、試合中に丁寧な解説のアナウンスも行われているので楽しく観戦できています。

意地がぶつかる!接戦となったが無念の惜敗。

4月に甲子園球場で行われた平成最後の関西大学戦。初戦となる26日は両者譲らず緊迫した試合展開となり、延長13回に同点で試合終了。翌日の第二戦も延長12回までもつれ込む接戦となりましたが、結果は守りきれず惜敗。得点をもぎ取る決定力の強化という課題が見えてきました。

DATA

日時
: 2019年4月26日(金)・27日(土) 13時~
場所
: 阪神甲子園球場
試合結果
:1 - 1 (△)・2 - 3 (●)

VOICE

主将 : 中内 理貴さん(経済学部・4年生)

秋季リーグまでに力をつけ、勝ちをつかみ取っていきたい。

主将 : 中内 理貴さん(経済学部・4年生)
何度もチャンスがあったのに決めきれず、悔しい思いをしました。ここで得たことを秋季リーグのすべての試合に生かしていきます。

雪辱の一戦。果敢に攻め立て2年ぶりに勝利!

5月5日に関関サッカー定期戦を兼ねて行われた、関西学生リーグ戦。リーグ優勝戦線に残るための重要な試合であるとともに、関関戦で2年間白星のない関西大学相手の負けられない戦いでした。先制点を挙げゲームを支配し、2点リードで後半へ。1点差まで迫られるも最後は逃げ切り、3-2で勝利しました。

DATA

日時
: 2019年5月5日(日・祝) 14時~
場所
: 西京極総合運動公園 陸上競技場
試合結果
:3 - 2 (◯)

VOICE

主将 :竹本 将太さん(経済学部・4年生)

団結力を高め、めざすは日本一!

主将 :竹本 将太さん(経済学部・4年生)
関関戦は大勢のお客さんに見ていただけるので、勝利できたことが何よりです。チーム全員で勝利への熱量を共有し、日本一をめざします!