KG就活Supporter

1・2・3年生の就活計画
withコロナ時代の
就職活動は1年からスタート!

選考のオンライン化や採用スケジュールの多様化、一部の企業での採用計画の 見直しなど、コロナ禍によって大きく変化した就職活動。新しい就職活動に備えて 意識しておきたい学生生活のポイントと、本学のサポートをご紹介します。

要check

キャリアを見据えた大学生活を。

新卒採用市場はコロナ禍の影響を大きく受けていますが、関西学院大学の学生は「不況に強い」と言われ、リーマンショックによる 就職氷河期にも高い就職率を維持してきました。しかしながら満足して就職活動を終えるためには、4年間を通してじっくりと自身のキャリア 形成を考え、なるべく早期から準備をはじめておくことが大切です。不安なことや聞いてみたいことがあれば、ぜひ積極的にキャリアセンターにご相談ください。

1・2年学業を土台に
キャリアをイメージ

この時期の学生生活が、
就職活動の土台に!

留学や課外活動、アルバイトなどへのコロナ禍の影響が大きい中、今
後の選考では全学生が必ず取り組んでいる“学業”を重視する企業が
増えることが予測されます。「自己PR」は、就職活動がはじまってか
ら考えるのではなく、1・2年から築き上げていくもの。目の前のやる
べきことに目的意識を持って主体的に取り組むと同時に、新しいこと
に積極的にチャレンジして、キャリア形成の土台をつくりましょう。

1・2年から参加できる
インターンシップも。

オンラインで会議やディスカッションに参加できる1・2年向けのイン
ターンシップが増えています。関学が提供するプログラムをはじめさ
まざまなものがあるので、積極的に参加しましょう。インターンシッ
プの探し方や、参加にあたってのエントリーシートの相談などは、キ
ャリアセンターで受け付けています。

3・4年自身の価値観と社会をつなげ、
具体的な進路選択へ

就職活動は成長のチャンス!
前向きに取り組むことが重要。

就職活動は、自身の価値観や強み、スキルをいかして社会にどう貢献
できるか、一人ひとりがMastery for Serviceを考える大切な機会で
す。自己分析や業界研究は時間も手間もかかる作業ですが、これから
先の長い人生を決める重要なポイントですから、しっかり取り組みま
しょう。

社会人との
接点づくりを積極的に。

社会にはさまざまな仕事がありますが、学生の皆さんが知っているの
はほんの一部。そのため卒業生や社会人の方と話す機会を積極的につ
くり、業界や企業に対する視野を広げることが重要です。卒業生の連
絡先は、今年からオンラインでの閲覧が可能になりました。先輩方が、
業務としてではなく後輩の力になりたいと個人的に協力してくださっ
たものです。ぜひ積極的に活用してください。