クラブ紹介 Vol.6

高等部 数理科学部

部活動の成果を紹介します!

祝!「U-22プログラミング・コンテスト」でトリプル受賞!

 関西学院高等部数理科学部2年の佐々木雄司さんと同部のOBでコーチを務める関西学院大学大学院理工学研究科1年の小笠航さんが開発したアプリ「見つけてっ!きりがみ」が、「U-22プログラミングコンテスト2015」にて、経済産業省商務情報政策局長賞のほか、2つのスポンサー企業賞(さくらインターネット賞、useful賞)を受賞しました。
 「見つけてっ!きりがみ」は、iPad上で作った切り紙をプロジェクターで大画面に映して自由に動き回らせ、同じ形の切り紙を見つけたら赤外線LED搭載の棒でタッチし、その数を競うゲーム。子供からお年寄りまで幅広い世代で楽しめます。高等部の文化祭でも一般公開されました。
 「受賞を機に、さらに開発意欲がわいています。小笠さんと一緒に新しい作品も計画中です。すでに構想はできていますので、期待してください」と佐々木さん。今後の活躍にもご注目ください!

数理科学部が作ったアプリをダウンロードしよう!

 これまでの2年間で約20のゲームアプリを開発。学会発表やコンテストで賞を獲得した研究成果をベースにプログラミングしたもので、同部のホームページから、iOS、Android用がダウンロードできます。数学の面白さや不思議さを楽しみながら体感してください。

  • アイコン:ナイトツアークリエイター

    ナイトツアークリエイター

    キャプチャー:ナイトツアークリエイター

    チェスボードの上でナイトを動かし、全てのマスをナイトで行けるかを争うゲームをベースに、ナイトの動いた跡を使ってアートを描きます。

  • アイコン:新ヨセフス問題

    新ヨセフス問題

    キャプチャー:新ヨセフス問題

    数理科学部が研究している新ヨセフス問題を元に、ある法則に従って数字を消していき、最後に残った数字を当てるゲームです。

  • アイコン:新チョコレートゲーム

    新チョコレートゲーム

    キャプチャー:新チョコレートゲーム

    数理科学部がもっとも力を入れている研究のひとつで、ある数式を元に作成。板チョコを2人でカットしあい、苦い部分を残した方が勝ちとなります。

  • アイコン:パスカル的三角形

    パスカル的三角形

    キャプチャー:パスカル的三角形

    数理科学部が発見し証明した、ロシアンルーレットの公式を用いた値が出力されます。この値は、実際のロシアンルーレットゲームで有用です。

詳しくは「数理科学部」Webサイトで

http://kgmsc.jp/

上記の「数理科学部」トップページを開き、左端のメニューから「ダウンロード」をクリック。さらに「iPhone, Android アプリケーション」をクリックすると、無料公開しているゲームアプリの一覧が出ます。

※アプリをダウンロードするには対応デバイスが必要です。

「数理科学部」Webサイト