学校生活Report

本学では、1月31日に感染症対策として緊急対策本部を設置。感染防止対策に努めた結果、オンラインでの授業を経て6月からは各キャンパスにおいて授業や課外活動が再開されています。適切な距離を取りながらも、数カ月ぶりに学生・生徒・児童たちの笑顔にあふれたキャンパスの様子や、休校・分散登校期間の取り組みなどをレポートします!

初等部

オンライン授業を先行実施。
メリットも多数。

4月7日クラスごとに計3回、入学式を実施
4月13日オンラインによる礼拝、授業など開始
5月7日毎日2~3本の授業動画を配信開始
6月1日分散登校開始
6月22日通常授業再開

4月から速やかにYouTubeによるオンライン授業を、5月からはZoomによるオンライン授業も一部開始しました。オンラインでは普段なかなか発言できない生徒が積極的にコメントを返してくれたり、授業動画を見返すことによって理解度が深まったりと、多くのメリットも。

コロナ禍体験談|教員の声

  • オンライン授業の開講に向けて、Web関連が得意な教員を中心にICTプロジェクトチームを立ち上げ、準備を進めました。最初は不安もありましたが、教員全員でオンライン授業開講という一つの目標に取り組めたことで、教員間の絆が深まったと感じています。
  • 従来から「オンラインを活用したい」と考えていましたが、今回一気に取り入れることができ、その可能性の大きさを実感しました。2学期からは全家庭でのiPad導入など、本格的にICT教育を推進中です。
  • 登校時間の拡大や教室での過ごし方など新しいルールが増える中、子どもたちは冷静に判断し、感染防止対策に努めています。これもひとえに、ご家庭でのご指導・ご協力のおかげだと思っています。

中学部

休校・分散登校を乗り越え、
通常登校が再開。

4月4日新入生のみの入学式実施(ライブ配信)
4月10日オンライン礼拝と部分的にオンライン授業開始
5月7日全面的にオンライン授業を開始
6月8日時間差・分散登校開始
6月29日通常登校開始

分散登校中はクラス内で生徒を2班に分け、同時に学年ごとの時間差登校を実施し、感染防止に努めました。6月末からは全員そろっての通常登校が再開。日常を取り戻すには時間がかかるかもしれませんが、課外活動も再開され、学校には活気が戻ってきています。

コロナ禍体験談|教員の声

  • オンライン授業は月〜金曜日が5時間授業、土曜日が3時間授業。毎朝、オンライン礼拝を実施。授業後(放課後)には有志による「学年・学級活動」「補習・質問会」「クラブ活動」も行いました。オンラインでも「授業」だけではないのが中学部教育です。
  • オンライン授業中は朝と夕方に出席確認を行いました。特に夕方の出席確認の際には、オンライン授業の感想が生徒から寄せられました。生徒の声を生かして、よりよいオンライン授業が展開できたと思います。
  • 情報機器や通信の環境はご家庭によりさまざまでした。しかし保護者の方々のご理解により、オンライン授業の実施に耐えうる環境を得ることができました。中には生徒と一緒にオンライン授業を受けられていた保護者の方も。ご家庭のご協力に心より感謝です。