学院創立150周年にあたる2039年を念頭においたKwansei Grand Challenge 2039 を昨年3月に策定しました。2039年がどのような社会になっているかに関しての未来予測を行ったうえで、卒業生が「真に豊かな人生」を送るために「質の高い就労」を最上位目標に掲げております。現在、関西学院大学は一年間に5000人以上の卒業生を輩出する大規模大学の中では6年連続就職率No.1 となっています。

しかしながら、未来予測においても判明した通り、今後はAIの発達によって産業構造や労働市場の大きな変化が予想されます。すでに始まっていることですが、今後はさまざまな産業でAIが導入され、理系、人文・社会科学系の学生を問わずAIの基礎知識が必要となってきます。関西学院大学では2019年度4月から「AI活用人材育成プログラム」を全学科目として開講し、AIの知識を持った学生を育てていこうとしています。

他方、人間同士のコミュニケーション能力もますます重要となってきます。また、このコミュニケーション能力を前提にしたリーダーシップやチームワーク力、さらには、主体的に物事に取り組む力、そして、何よりも重要な資質として「学び続ける力」が求められます。欧州連合(EU)のボローニャ・プロセスにおいても、「学び続ける力」は最も重要なコンピテンシーとして位置付けられています。

しかしながら、「学び続ける力」は意欲や好奇心等の涵養が大前提であり、意欲や好奇心は生徒や学生の精神が安定していて初めて醸成されるものです。これを保証するのがご家庭での保護者の方の役割だと考えます。新たなものにチャレンジしようとする好奇心や意欲は、保護者の方の絶対的な愛情があってこそ生まれてくるものではないでしょうか。新しいものへのチャレンジは失敗することもあります。その時に帰るべきところが家庭や家族であると思います。どうかお子様のチャレンジを温かく見守っていただければと思います。