芝池 巌さん

芝池 巌さん

1979年 法学部卒業

国内トップクラスの
鉄道イベントを創る!

現在の仕事について教えてください。
阪急川西能勢口駅前でクリニックビル経営管理のほか、不動産売買仲介および コンサルタント会社の経営をしています。
学生時代は何に打ち込んでいましたか。
①鉄道写真撮影で全国の鉄道路線をほとんど走破したこと。
②アルバイトで家庭教師・学習塾の教師をして多くの生徒を教えたこと。
それに打ち込んでいた理由を教えてください。
①鉄道写真の分野では国内トップクラスのレベルになりたかったこと。
②30歳までに国家試験に合格するため勉強をしながら学習塾経営をする予定だった。
学生時代で最も思い出に残るできごと、エピソードについて教えてください。
大学1回生の時に鉄道雑誌の表紙にカラー作品が掲載されたこと。大学2回生の時には、全国鉄道写真コンクールで『一位』になったこと。
スクール・モットー"Mastery for Service" を意識するのはどんなときですか?
文字通り、誰よりも先にマスターすることが大前提です。学生さんは勉学に励むことでしょうが、社会人ならば、職業を通じて奉仕することです。つまり、まず職業上の資質を磨くことが前提と思います。仕事に誇りを持って一所懸命に切磋琢磨しようとする時、スクールモットーの重みを感じます。
関西学院を卒業して良かったと思う点を教えてください。
同総会を通じて、現役で活躍している多くの卒業生と知り合えたこと。
あなたの人生の目標を教えてください。
「上ヶ原レールフェア」でもおなじみの「三宝鉄道レールフェア」という日本ではめずらしい海外の大型鉄道模型(Gゲージ)によるイベントを阪神間で定期的に開催しています。約350両の大型模型は全て私が、ドイツやヨーロッパの販売店やメーカーから直接購入し,輸入したものです。近い将来には国内ではトップクラスの鉄道イベントにしていきます。
もう一度昔に戻って大学生活をやり直せるとしたら、何をしますか?
実用的な英語やドイツ語を徹底的に学びたいと思います。
なぜそれをしたいか、理由を教えてください。
鉄道模型では、日本よりもドイツやイギリスは世界の先進国であり、当地の人々とより多くの情報交換やコミュニケーションを深めて行きたいと思います。
これからの関西学院に期待することがあれば教えてください。
関西学院には、一般には知られていないが各分野で活躍中の素晴らしい卒業生が大勢います。情報誌やネットで積極的に学院サイドから紹介してほしいです。