神谷 嶺さん

神谷 嶺さん

2011年 総合政策学部卒業

卒業後も沢山訪れています。
数えきれないほど。

学生時代は何に打ち込んでいましたか。
部活動(応援団総部吹奏楽部)です。関西の吹奏楽を牽引してきた伝統のある部活だと知り、入学前から絶対に吹奏楽部で活躍したい、と思っていました。厳しい上下関係、気候を言い訳にできない応援活動、休みのない毎日で何度も心が折れそうになりましたが、仲間と一緒にコンサートやコンクールなどの行事を乗り越えると他では得られない満足感があり、気づけば学生生活は部活動一色で終わっていました。
学生時代で最も思い出に残るできごと、エピソードについて教えてください。
アドベント礼拝です。讃美歌演奏として部活で参加させて頂きました。1回生の頃、気温が低く早く屋内に入りたい、と凍えながら楽器を演奏していましたが、ツリーが点灯された瞬間、感動して毎年この行事に参加したい、と感じたのを覚えています。中央芝生は関学のシンボルで、最も好きな場所の一つですが、アドベント礼拝を体験すると更に好きになりました。
関西学院のキャンパスの中で一番思い出に残っている場所を教えてください。
学生会館の東京庵。昼ごはんは東京庵の生姜焼きが鉄板です。部活の練習で疲れても、東京庵のご飯を食べるとエネルギーが湧きました。また、東京庵に行くと、他の部活の友人が誰かしら必ずいたので近況報告をし合う社交場にもなっていました。コンクールや応援等本番前には、お店のお姉さんから頑張ってね、と応援して頂けたのも非常に嬉しかったです。
在学中、自宅では1日何時間くらい勉強していましたか?
ほとんどしていません。家で勉強する時間がほとんどなく、空きコマや休み時間にすることが多かったです。
現在、あなたの身近に関学出身者は何人くらいいますか?
あまり多くありません。現在働いている会社の支店は100名ほどですが、その中では3~4名です。
卒業後、何回キャンパスを訪れましたか?
実家が近いこともあり、沢山訪問しています。数えきれません(笑)。土日に行くことが多いのであまり卒業時からの変化は感じませんが、良くも悪くも変わっていないと思います。三田キャンパスに久しぶりに訪れた時は、学生の時にはなかった建物が多く驚きました。
スクール・モットー"Mastery for Service" を意識するのはどんなときですか?
選挙に行く時です。一番社会とのつながりを感じられます。
関西学院を卒業して良かったと思う点を教えてください。
友人や先輩後輩と一緒に参加できる行事が多いことです。礼拝やコンサート、アメフトの試合、各地方の新月会等があり、"きっかけ"が多いです。行事の参加者も多いので、卒業してからでも縦横問わず人脈が広がっていくことは非常に良いことだと思います。
あなたの人生の目標を教えて下さい。
幼い頃の自分に見られても、言い訳をしない人生を送ること。日頃生活をしていると、今していることは本当に自分がしたいことなのか?と疑問に思うことがあります。幼い頃思い描いていた夢は100%叶えることは難しく、またその夢は変化しないことはないと思いますが、人生に妥協をしなければ後悔することはなく、言い訳する生き方にはならないと思います。試行錯誤し、泥臭く1回の人生を楽しみたいと思います。
もう一度昔に戻って大学生活をやり直せるとしたら、何をしますか?
留学がしたいです。高校の時留学をしたことがありますが、その時は語学中心の留学でした。授業をとり、他の学生と話すことで、価値観や考え方を広げたいです。
これからの関西学院に期待することがあれば教えてください。
125周年記念講堂の完成が楽しみです。