井上 克己・由美・大智・陸斗さん

井上 克己・由美・大智・陸斗さん

お子さま/関西学院高等部 3年生(大智さん[右])

高等部で学んだことを人生の基盤として、
未来に羽ばたいてほしい

子どもの興味を深める授業や環境、
先生方の親身なサポート、
全てに感謝しています

 私たちは子どもの進路についてあまり口を出さない方針なのですが、高校受験を控えた頃に、公立中学に通う息子から「文武両道の関学に進みたい」と相談がありました。高等部に入った息子は、毎日の授業やサッカー部など、とても充実した時間を過ごしていたと思います。中学時代は目立たないタイプだったのに、高校の卒業論文で東京まで取材に出かけたり、先日はGO GLOBAL JAPAN EXPO※で大勢の観衆を前に堂々とスピーチを行うなど、3年間で親が驚くほどの成長を見せてくれました。また、関学で学ぶ日々の中で「選択に迷ったときは困難な道を選べ」など、聖書の中に本人の思いと重なる言葉を見付け、彼なりに自信をつけたようです。これからも、関学の高等部で得たことを基盤に、成長していってほしいと願っています。

※GO GLOBAL JAPAN EXPO:
2014年12月に関西学院を会場に行われた文科省と大学のグローバル教育推進イベント

家族共通の趣味はありますか。
サッカーです。小学生から兄弟2人で同じクラブチームに入り、ほとんどの試合を観戦しました。家族の共通の話題ができたのもよかったです。
子育てで大事にしていることは?
あまり口を出さず、のびのびと育てること。そうすることで、自ら考えて行動する子どもに育ってくれたと思います。(父)私も息子たちを信じて、こちらからは何も言わず待つように心がけています。(母)
これまでで一番心に残っている家族のイベントは?
息子たちが小学生の頃に家族でサイパンに旅行に行ったことです。空港の売店で初めて英語でチョコレートを買えたのがよほど嬉しかったようで、英語の勉強のきっかけになりました。
家庭での親子の会話は、一日何時間ぐらいですか。
2人とも帰宅が遅いので会話の時間は一日30分ぐらいだと思いますが、家にいるときはみんな自然にリビングに集って時間を共有しています。
お子様にメッセージを
これからも周りに流されず意志を持って生きて行ってください。(父)
夢を持って、世界に羽ばたいてほしいです。(母)