藤田 靖恭さん

藤田 靖恭さん

経済学部4年生

将来は、ふるさとの福島に戻って、
地元に貢献する仕事を

大学時代は人生で一番勉強しました!

 私は福島県出身で、大学生になって初めて東北から関西にやってきました。浪人時代は東京にいたのですが、関学に学部の枠を超えて学ぶことができるMS(複数分野専攻制)があると知り、思い切って受験することにしました。故郷を離れ、まったく違う環境に身を置いて大学の4年間を過ごすのも、いい人生経験になるのではという気持ちもありました。
 大学時代は、自分の人生で「もっとも勉強した期間」だったと思います。東日本大震災のときに市役所の職員の方が一生懸命動いてくれているのを目の当たりにし、「将来は公務員になりたい」と決めていたので、MSを利用して経済学部の勉強と法学を同時に学び、3年の春からは公務員試験に向けて予備校にダブルスクールで通い始めました。「大学時代は将来の就職に直結する期間」とこころに決めて、学業優先で過ごしました。

4年間寮生活を満喫。「第二のわが家」に

 そんな私の大学生活において寮に入ったのは大正解でした。
校舎と同じヴォーリズ建築の大学寮には全国から学生が集まっていて、たびたび海外から留学生もやってきます。寮に帰るとロビーには常に誰かがいて、一緒に話をしたり晩ご飯を食べに外出したり。寮の運営も学生自身で行っており、月2回の寮会ではみんなで話し合って物事を決めたり、イベントを企画したりするのもいい経験でした。和気あいあいとした寮で過ごすうちに、地元の友だちから「社交性が出てきたね」と言われるようになりました。自分でも成長できたと思います。
 来年の4月には社会人になります。夢が叶って故郷の福島で公務員として働けていたら嬉しいです。関学で過ごした4年間で身についた“Mastery for Service”の精神で、地域に貢献していきたいと思っています。

関学に入学してよかったことは
レベルの高い学生が多く、刺激を受けています。ゼミで日本銀行に出向くなど、金融の現場を肌で感じられたのもよかったです。
あなたにとって関学とは
4年間の間にさまざまな出会いの機会を与えてくれた場所。地元福島に次ぐ、第二の故郷です。
1日が2時間増えたら、何をしたいですか
今は勉強が忙しいので、あと2時間あったら寮生との時間をもちたいですね。一緒にゆっくり話したいです。
関学で一番好きな場所はどこですか
図書館です。公務員試験の受験勉強やゼミでの資料集めなど、多くの時間を図書館で過ごしました。
保護者の方にメッセージを
震災で大変な中、この4年間私がやりたいことのために十分な支援をしてくれてこころから感謝しています。ありがとうございます。