KWANSEI SCHOOL LIFE

「心」ひとつに、勝ちに行く。

Tomioka’s Profile

関西学院高等部3年生
冨岡 青 さん

とみおか あおい/関西学院高等部3年。ラグビー部主将。幼稚園からラグビーを始め、幼・小・中と地元のチームで活躍。昨年、子ども時代からの夢だった花園出場を果たし、今年は主将として昨年を上回る成績をめざす。

高等部でラグビー部の主将として活躍する冨岡青さん。
今年のチームのテーマは「心」。「勝ちたい」という気持ちを心に強く持ち、日々練習しています。
クラブや勉強のことなど、高校生活について聞きました。

ラグビー部で目覚めた「目標に向かう」ことの楽しさ

鞄の中には常に2着の練習着が!

 ラグビーを始めたのは、幼稚園の年中のときです。地域のチームで中学卒業まで続けました。中学校ではラグビー部がなかったので陸上部に入っていたのですが、3年で進路を決めるときに「花園に出たい」と思い、ラグビーが強くて勉強もできる「文武両道」の関西学院に進学を決めました。

 小さい頃は、僕にとってラグビーは単純に楽しいスポーツでした。今でもその楽しさは変わりませんが、高等部に入ってからは「みんなで目標に向かう」という楽しさがプラスされています。去年、関西学院高等部は4年ぶりに全国大会に進出し、夢に見た花園に行くことができました。僕も選手として出場できたのですが、今年は主将として絶対に全国に出て、花園でプレーしたいです。そして、去年の成績を超えたいですね。

 毎年ラグビー部にはテーマがあるのですが、今年は「心」です。今年のメンバーはよくも悪くも大人しくて「勝ちたい」と心の中で思っていても、なかなか表に出せないのが課題です。先日、ある試合に負けてしまったのですが、試合後に「勝つ」ためにはプレーのときだけでなく、普段からもっとお互いに言葉や態度で気持ちを伝えていくことが大切だとみんなで話し合いました。日常の挨拶であったり、普段のコミュニケーションから深めていく必要があると。そのために、携帯を使うのではなく、できる限り直接話す機会を持とうとみんなで決めたところです。試合では、ひたむきに「勝ちたい」気持ちをぶつけていければと思っています。

誰よりもチームを愛するリーダーとして

 3年で主将になり、「主将とは何か」を深く考えるようになりました。「主将は、チームに対する心遣いや愛情をチームで一番持っていないといけない」と気づき、さらに「チームへの愛情って何?」と深く考えたり。監督には、僕には「厳しさがない」と指摘されます。「性格が優しいのはいいけれど、練習と私生活の切り替えをしなさい」と。自分でも優しさだけではだめで、愛情には厳しさも必要だと自覚しています。それでもまだ厳しくなりきれてないので、愛のある厳しさを身につけることが主将としての課題ですね。

ラグビーでつながる仲のよい家族に感謝

 僕は3人兄弟の一番上なのですが、僕の影響で中3の弟と小6の妹も、僕が入っていた地元のチームでラグビーをしています。部活のないときには、ときどきチームに足を運んで弟や妹の試合や練習を見に行ってアドバイスをしたり、チームの小さい子どもたちに指導をしたりするのはとても楽しいです。子どもたちが喜んでくれる様子を見ると、長くお世話になったチームに少しは恩返しできているのかなと嬉しくなります。

家族が作ってくれた大切なお守り!

 ラグビーが共通の話題になっているせいか、うちの家族はみんな仲がいいです。両親もよく僕たちの試合を観に来てくれます。試合のときに家族が作ってくれたお守りは、家族みんなの気持ちのこもったとても大切なものです。いつも通学鞄に入れて肌身離さず持ち歩いています。

 あと、ラグビーは体当たりされても耐えられる体の重さと動きの俊敏さの両方が求められるスポーツなので、体重管理がとても厳しいんです。僕は85キロの今の体重をキープするようトレーナーから言われているのですが、そのために毎日のように栄養に気を遣って夕食を準備したり、お弁当を作ってくれる母にはとても感謝しています。

 家族といえば、先生は「ラグビー部も家族だ」と言ってくれています。先生が親で部員は子どもたち。何でも相談したり気持ちを共有できる人が家にも学校にもいて、とても恵まれています。

ラグビーも勉強も、「短時間で効率よく」が関西学院スタイル

 高等部ラグビー部の練習は、大学と高等部が一緒にグラウンドを使うので、毎日1時間半とかなり短めです。それは高等部に進学する前からラグビー部の見学に来て知っていたことなのですが、短い時間だからこそ「頭を使って効率よく練習する」というのが高等部の伝統的な練習スタイルだと感じています。強豪校になると練習ばかりしているイメージがあるかもしれませんが、ハイレベルな学校ほど効率よく練習しているものです。

 それは勉強も同じだと思います。僕たちの場合、成績が下がって補習がかかると、ただでさえ少ない練習時間がさらに削られてしまいます。ラグビーを思う存分するためには、勉強もきちんとしなくてはいけません。ラグビー中心の生活なので毎日机に向かう時間は他の人と比べると短いかもしれませんが、短時間でも効率よく、宿題などの課題はしっかり取り組むよう心がけています。

 勉強でつけた「考える力」はラグビーで活かすことができると思いますし、父には「ラグビーも勉強もがんばって“選べる”ようになっておきなさい」と言われています。「どちらかが欠けていたら選べない」と。自分の将来を考えたとき、どんな道でも選べるようになっておきたいので、「文武両道」になれるよう頑張りたいと思います。

 今年も、12月末から1月にかけて高校ラグビー全国大会が開催されます。まずは11月末の県の予選を突破して、絶対に全国大会に出て2年連続花園出場を叶えたいです。チーム一丸となって「心」をひとつに頑張りますので、ぜひみなさん応援に来てください!