ようこそ関西学院へ。新入生の保護者の皆さま、お子さまのご入学、誠におめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。 在校生の保護者の皆さま、平素より後援会活動に多大なご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。 私は、この度、関西学院後援会会長を仰せつかりました元木雄三と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。 ここで、皆さまへのご挨拶に代えて、会長としての所信表明をさせていただきます。

関西学院後援会とは、初等部、中学部、高等部、千里国際中等部・高等部、聖和短期大学、大学に学ぶ2万8千人の児童・生徒・学生の保護者の会でございます。 後援会には「わが子とともに育み、ともに歩む マスタリー・フォア・サービス」という基本理念がありますが、私は、この理念を基に、今年1年「やさしく寄り添い」「しっかり支え」「ともに楽しむ」をスローガンに掲げ、保護者の皆さまとともに後援会を運営して参りたいと考えています。

「やさしく寄り添う」

かわいいわが子に寄り添うように、関西学院に学ぶ全ての児童・生徒・学生に対し、ぜひやさしく寄り添っていただければ有り難いと思います。 現実には、一人一人に寄り添うことはなかなかできませんが、関西学院のこと、そこで学ぶ子どもたちのことを覚え、「健康で充実した学校生活を送れますよう」祈っていただければ幸いです。この気持ち、祈りが後援会活動の原点と考えます。

「しっかり支える」

後援会では、毎年、寄付金・奨学金・課外活動援助金・後援会表彰といった形で、関西学院の教育・研究活動、クラブ活動等に対し、さまざまなサポートを行っています。 今年も、保護者の皆さまから後援会費としてお納めいただいた貴重な浄財により、物心両面からしっかりと関西学院を支えて行きたいと存じます。

「ともに楽しむ」

これは、「お子さまとともにぜひ関西学院を楽しんでいただきたい」ということです。後援会では毎年、保護者の皆さまにご参加いただけるよう、さまざまな事業を行っています。 例えば、アメリカンフットボールや野球、ラグビー等の応援に行く企画「レッツゴー・ツー・ザ・スタジアム」、全国約9箇所の都市で開催される「保護者交流会」、また「わが子の就職を考えるセミナー」等です。お子さまにとっての母校である関西学院をぜひとも親子で楽しんで参りましょう。

以上、所信を申し上げましたが、甚だ微力ながら、来年6月の任期まで、子どもがお世話になっている関西学院の為に、誠心誠意務めて参りますので、保護者の皆さまの暖かいご理解と、力強いご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。